腹凹ますダイエットにガチおすすめだった方法【中年男の腹凹ます作戦】

tanaka

こんにちは、アラフィフの「Tanaka」といいます。

結論からいえば、腹凹ます作戦はめっちゃ大成功になりました。

あまり見せたくない写真ですが‥

腹凹ます作戦の結果

腹へこます作戦スタート時は、まさに典型的なマヨネーズ体型。

現在はすっきりと腹が凹んできたので、めっちゃ動きも楽になってきました。

これくらい違ってくると「ちょっとした動き」でもかなりスムーズに行動できるようになります。自分でもかなりの成果が出たと感じます。

また、体重の変化はこんな感じ。

腹凹ます作戦の体重変化

写真撮りがヘタでブレブレですが、けっこう違っているのが分かると思います。

もし私のように「腹を凹ませたい」と思っていれば、

ぜひ同じようにやってみてください。

きっと今抱えている悩みが解消して、憧れの体型になれる可能性が極めて高いです。

tanaka

腹を凹ます方法というのは、いろいろな手段があります。

私の場合は「3つの手段」を組み合わせた結果、このようなスッキリ体形になれました。

私がやった腹凹ます作戦について、詳しく解説していきます。

 

私がやった「腹凹ます」作戦

私がやった「腹凹ます」作戦

私が「腹凹ます作戦」で行った方法は食事制限、有酸素運動、サポート役の漢方薬という3つのコラボです。

腹凹ます作戦で実践したのはいずれも難しいこともなく、いたって簡単で誰でもできる方法。

1つだけを実行しても腹凹ます効果はある程度期待できるため、はじめは私も1つずつ実践していました。

しかし劇的で、目に見えるほどの効果はほぼ実感できず。

それなら‥と思って「3種類の方法を一度に行う」といった作戦に切り替え。

3種類の方法

この取り組みにより自分でもわかるほど実感!

結果的にモチベーションアップへもつながり、最短(短期間)で「効果的な腹凹ませ作戦」をいたって簡単に行うことができました。

tanaka

体型が日に日に違ってくるのがわかると、ガチでやる気がでてきますよ。

中年でメタボ腹を凹ますぞ!と思って意気込んでいれば、ぜひ私の真似をしてみてください。

腹凹ます作戦で行った方法を、1つずつ詳しく紹介していきます。

 

腹凹ます作戦その①食事制限

腹凹ます作戦その①食事制限

まず私が「腹凹ます作戦」の、食事において参考とした動画がこちら。

高須クリニックの先生がおっしゃっているように、腹をへこますため食事で重要なのが「回数、ボリューム、摂取カロリー」です。

こられをバランスよく実践することで、確実性の高い腹凹ます効果を期待できるようになります。

 

腹凹ますための食事回数

腹凹ますための食事回数

まずは、1日の食事回数を「5回」にしてみてください。

先ほどの動画では7分当りから、この食事回数について触れられています。

食事回数を減らすのではなく増やすの!?と思うかもしれませんが、減らすのではなく「増やす」ほうです。

体の仕組みとして「空腹になるほど吸収率が上がる」といわれており、この現象を逆手にとることで腹を凹ませる効果を期待できるようになります。

まずは食事回数を朝昼夕にプラスして、トータル5回に増やすことがおすすめです。

 

腹凹ます食事のボリューム

腹凹ます食事のボリューム

食事をとるときは「腹5分程度まで」で食べるようにしてみてください。

この動画でお話しされる先生も12分辺りからおっしゃっています。

腹が一杯になる(満腹感を感じる)と、そこからはどんどん蓄える(脂肪をためる)方向へ働くとのこと。

さらに満腹中枢が刺激され満腹感を得られるまでにはタイムラグがあるので、腹8分目ではなく「腹5分」をしっかりと守る。

すつと食事が終わってからしばらく経つと、腹いっぱいになり過ぎずちょうどいい。

私も実践してみてわかりましたが、だんだん食べる量も自然と減ってくるようになってきます。

いくら低カロリー食品を摂ったところで腹いっぱいまで食べることで胃が大きくなり、腹を凹ます効果が半減してしまうので注意してください。

 

腹凹ますための摂取カロリー

腹凹ますための摂取カロリー

1日5回の食事というのは「1日の総摂取カロリー」を超えないよう注意してください。

活動量の少ない成人女性の場合は1400~2000kcal、男性は2200±200kcal程度が目安です。

参考:農林水産省「実践食育ナビ」より抜粋

 

また1日の総摂取カロリーを目安にした、わかりやすい表がこちら。

1日の総摂取カロリー参考:一般社団法人 ファイブ・ア・デイ協会「知っておきたい日本人の食生活」より抜粋

たとえば成人男性の場合であれば、総摂取カロリー目安「2,200kcal」を1日5回に分けて摂る。

つまり1食当り「440kcal」を目安にして食事すれば、より腹を凹ませる効果が期待できるというわけです。

まずは「5回の食事回数」「腹5分目」を実践して、さらにこの「カロリー」をコントロールすることが腹凹ませる作戦の大きなポイントになります。

 

腹凹ます作戦その②有酸素運動

腹凹ます作戦その②有酸素運動

私の腹凹ます作戦に取り入れた、2つ目の施策が「1日20分以上の有酸素運動」です。激しいスポーツではなくウォーキング、ジョギング、水泳といった「呼吸リズムの崩れないスポーツ」を行ってみてください。

連続して20分できなくても、5分でも10分でも脂肪は燃えるので、短時間でも積み重ねて合計20分以上を目指しましょう。

参考:沢井製薬「脂肪がどんどん燃える 意外な運動のコツ」より抜粋

私の場合は、1日約5㎞(50分間)のウォーキングを行いました。

このウォーキングも腹を凹ますのに有効な方法で、きっと3日間継続すれば何らかの「変化」を実感できると思います。

  • 腹回りがキュッとした感じがする。
  • やや腹筋あたりが痛いけど心地よい。
  • ちょっとスリムになった気がする。

さらに1週間継続すると、明らかにそれまでの腹回りとは違ってきているのが分かるようになります。

自分でもその変化を目の当たりにすることができるので、それがモチベーションアップにもつながってより結果を出しやすいためおすすめです。

一度に20分間の有酸素運動ができなくても、1日の合計が20分になるようにしてもOK。

さきほどの「食事制限」とこの「有酸素運動」を併せることで、間違いなく明らかな変化がみられるようになってきます。

 

腹凹ます作戦その③サポート役の漢方薬

腹凹ます作戦その③サポート役の漢方薬

さらにダメ押しとして、腹凹ますダイエットをサポートする「漢方薬」で私の場合は一気に効果が加速アップしました。

腹凹ますときによく聞くのが、ダイエットサプリを利用するという方法。

しかし、私はサプリをおすすめしません。

いちど明確にしておきたいのがその効果で、こうした薬やサプリにはこのような違いがあります。

分類 効能効果
一般用医薬品 第1類医薬品 「~に効く」などの効能効果を表示できる
第2類医薬品
第3類医薬品
健康食品・サプリメント 食品 「~に効く」などの効能効果を表示できない

このように本気で腹凹ますという場合、とくに効果的なのが「医薬品」になります。

tanaka

そこで、

私が選んだ「第2類医薬品」にあたるサポート商品がこれ。

第2類医薬品

これは「生漢煎防風通聖散」という漢方薬です。

私は腹へこます作戦の、ダメ押しとして利用していました。

食事制限と有酸素運動をやりつつ‥

そしてこの「サポート医薬品」という3本立て。

腹 凹ます

期間にしては、約2ヶ月といったところ。

この「腹凹ます作戦」は、かなりの大成功という結果になりました。

現在はめっちゃ動きが楽になってます。

私が実践した「腹凹ます作戦」を、ぜひそのまま真似してみてください。

もっとも短期間で結果が期待できる方法だと思います。

 

✅ サポート効果の大きかった、生漢煎防風通聖散はこちら。

井上和香さんをはじめ、芸能人も多く使っている人気商品です。

生漢煎防風通聖散

※サプリメント(食品)ではなく、減量効果が認められた医薬品になります。

※定期購入も回数縛りがなくいつでも自由に退会できます。

 

腹凹ます効果の期待できる方法

腹凹ます効果の期待できる方法

食事で腹凹ます

食事で腹凹ます

私が「腹凹ます作戦」に取り入れた、かなり高い効果が期待できる方法がこの「食事」です。

この食事による方法のポイントが、私の「腹凹ます作戦」でも紹介したように食事回数・ボリューム・摂取カロリーの3つです。

1日5回にわけて、各食を腹5分目に抑えて、1日の総摂取カロリー内に収めること。

これだけでも数日間継続していれば、きっと腹が凹む感覚をじゅうぶんに実感できてくると思います。

もっともスタートしやすい方法になるので、まずはこの「食事」を実践することがおすすめです。

 

運動で腹凹ます

運動で腹凹ます

いわゆる、有酸素運動によって脂肪燃焼を図るというのが「運動」で腹を凹ませる方法です。

ここで注意すべきポイントは、かならず有酸素運動を取り入れるという事。

よく激しい運動を行った方がより腹を凹ます効果があるのでは‥と思いがちですが、これはおすすめできません。

脂肪を燃焼させるためには十分な酸素を取り入れることが重要で、息を止めて行う激しい運動というのは全般的に向いていないため。

したがって有酸素運動として私が行ったウォーキングをはじめ、ランニングや水泳といった継続的に呼吸を行う運動を取り入れるのが適したやり方になります。

 

トレーニングジムで腹凹ます

トレーニングで腹凹ます

トレーニングジムで腹を凹ますため、とくに効果的なのが「腹筋」になります。

しかし腹を凹ますために筋トレを行うという人も多いですが、効果は期待できるものの目標が異なっています。

筋トレというのは筋肉をより引き締めるために行うもので、そこまで腹を凹ます動作としては最適とは言えない方法です。

どちらかといえば筋肉を鍛え上げて腹筋などを作ることが前提で、その上で付加価値として腹を凹ます効果も期待するといった考え方のほうがいいかもしれません。

スクワットなどで筋肉が構築することが、けっして腹を凹ますことにはなりません。

したがって腹を凹ますためにジム通いをしていれば、腹を凹ますという目標は副次的な作用として効果が期待できると思ってください。

 

ヨガで腹凹ます

ヨガで腹凹ます

ヨガで腹を凹ますときは、とくに腹直筋に効果が期待できる「船のポーズ」によって効果を期待できます。

床に座った状態で両足の膝裏を両手で抱え、足のそのまま空中に浮かせしばらくジッとしているのが船のポーズです。

いわゆる腹筋に力を入れるため腹を凹ませやすいスタイルで、とくに腹筋の表面よりも奥の方にある腹直筋に効果を発揮するポーズです。

 

ドローインで腹凹ます

ドローインで腹凹ます

ドローインとは、直訳すると「腹を凹ませる」という意味。

腹を凹ませた状態で呼吸を繰り返しおこなって、おもにインナーマッスルを鍛えるというダイエット方法です。

このドローインで腹を凹ます運動を繰り返すことによって体幹が鍛えられ、椅子に座った状態でも簡単にできる方法としてかなりお手軽です。

仕事中でもサクッと出来るエクササイズですが、目だった大きな効果は期待できません。

 

まとめ

ここでは私が実践して結果につながった「腹凹ます作戦」をはじめ、一般的に効果が期待できる方法などを紹介してきました。

私が腹凹ます方法をいろいろやった結果、いちばん早い効果が期待できるのが「コラボ」です。

はじめで紹介したように私は3つの手段をコラボさせて、もっとも早いと思える腹凹ます効果を実感することができています。

腹凹ます方法を、できれば単独よりもいくつかのコラボ。

tanaka

複数の手段を並行して行うことで、より短期間での効果につながりやすいと感じました。

ぜひ私の結果につながった「腹へこます作戦」を真似してみてください。

自分でもビックリするくらいの変化。

1週間ほどやれば、腹を凹ませるのがどんどん楽しくなっていきますよ。

腹凹ます作戦

もういちど「腹凹ます作戦」をチェックする